種  類 タシギ
Common Snipe
Gallinago gallinago
ハリオシギ
Pintaile Snipe
Gallinago stenura
チュウジシギ
Swinhoe's Snipe
Gallinago megala
オオジシギ
Laham's Snipe
Gallinago hardwickii
アオシギ
Solitary Snipe
Gallinago solitaria
飛び立ちの声 ジェーッジェーッと長く発しながら飛び去る。
長音である。
キィッとかクェッとも
聴こえるが軽い短
音である。
ジッと短音に聴こえ
る。二音・三音続く
こともある
ゲッと一声で飛び立つ
重い声である。
渓流で何度も
飛ばれたが
ジェッとか聴こ
えた
飛び方 翼動は早く軽くパッ
パッという感じに見
える。大きなジグザ
グに飛び去ることが
多く体を左右に傾け
ることが多い。
なかなか飛ぶ姿は
観ることは少ない
が飛び方は軽い。
2016年春に散歩中
に飛び立つハリオ
シギを四回観察し
た。声を確実に記
憶した。
タシギよりは重く
オオジよりは軽い
というが、飛び方は
いろいろある。
翼動は重そうに低く飛
ぶのが普通
渓流での飛び
立ちは低く、長
くは飛ばなかった
囀り他の声 成鳥・幼鳥が居て付かず離れずの行動
をしていた。幼鳥が
多分、親鳥と思われ
る個体にシャー・シ
ャーという声を発していた。警戒音・声と
いうよりも甘えた様
な声に感じた。
---- ---- 繁殖地ではディスプ
レイフライトをしながら
ズビヤク・ズビヤクを
繰り返す。
前奏の声はジッジッジッ
ジーッジーッを繰り返す。
複数♂の競合フライト
ではジュビジュビ、ガッ
などいろいろな声を発
する。これらは威嚇・牽
制などのように感じる。

----

(C)Birdopia Gallinavi 2011 by HappyChappy
2011,12,03

2016,05,14追記

ジシギの声

Voice or Call

ジシギの声は繁殖期のオオジシギは別にして春・秋の渡りでもそんなに多くを聴くことは難しいのです。
長年、タシギ、オオジシギ以外の飛び立ちの声は図鑑などを参考にしていました。しかし、タシギとオ
オジシギはよく聴くから図鑑通りです。ハリオシギやチュウジシギも自分自身の耳で確かめたらどうな
るかというテーマで2011,09-11の二カ月間沖縄本島でフイールド観察をしました。その結果は次の通り
です。聴こえた声を文字にするのはとても難しいものです。カタカナ表記や英字表記がありますが日本
人ですからカタカナ表記にしました。タシギを標準の声としたら、オオジは太く・重い声でゲッと一声が
普通です。
そしてチュウジシギ・識別したものは個体数が多いので外的要因で飛び立ちも何度も観察できました。
ジッと一声・短音、或いはジッ・・・・間を置いてから又ジッ・ジッと鳴くこともありました。
ハリオシギは個体数も少なく、見つけても至近距離からの飛び立ちは少なくてなかなか聴くことは稀
な事でした。そんな中、二個体・三個体と聴いてその声を纏めると、軽い短音でクエッとかキィッという
ように聴こえました。飛び立ちではいろいろな条件が有りますがこれらの声は基本的には警戒音と思
います。差し迫った脅威に対しての外敵への威嚇ともとれます。特に連続的な発声は警戒音・声とも
考えられます。ジシギたちはどんな音・声に敏感に反応するのでしょうか。
仲間のジシギの声はもとより他の鳥たちの高音で短い連続音にはとても敏感に感じています。
カラス・サギなどの上空を飛ぶ声にもとても反応するのです。ジシギは基本的に防御は隠れる逃げる
ですから危険を如何に早く知り対応・対処するかに生き延びる全てがあるのです。トラクター、ダンプカー
などの大音響・ゴオーッ、車のバックソナー・ピッピッピッ、オートバイの音・パンパンパンパンなどいろ
いろあるのです。ジシギを探して見つけた、通り過ぎて慌ててバックするとそのソナー・ピッピッで100%
逃げたり、隠れたりするのです。バックソナーは絶対に駄目なんです。


声も識別の一つのポイントですが、これだけで種を断定するのは神様以外には居ないと思います。
参考程度にして基本的なプロポーションや尾羽の観察方法をマスターしましょう。

2016,03,-04南西諸島でハリオシギの飛び立ち、声、旋回着地を四回観察した。初めは参考記録
としていたが、二度目三度目では確実にハリオシギと断定することができた。2016,05,14(土)追記


声は意外にも聴きにくいものです。それはタシギなどの分かっている種を基準に声・音が濁るか否か、
音は伸びるか短いか、一声、繰り返しなど注意深く耳を澄ませれば聴こえてくるものです。それを直ぐに
メモして残すことです。個体差があるから種の声を一つに纏めるのは大変な事なのです。

(C)Birdopia Gallinavi 2011 by HappyChappy
2011,12,03
2012,08,30renewal

inserted by FC2 system