1,は見過ごしてしまった、この形状・
バランスはひよっとして・・大かも?2012,10,01
と思えるほどですが、チュウジです。寧ろ、1,
の最外側尾羽一枚・一本は針状ですから、
見誤らないようにご注意ください。2013,06,28

Tailfethers (Pintail or Swinhoe's) by Angle

尾羽を拡大すると更に外側尾羽が明らかに6-(7)枚が細く・針状に見える。

同様に片側尾羽が見えている。外側尾羽は1,2,3,4,5,6,(7,?)が極めて
細く・針のように見えている。

10,

尾羽の見え方、見方

尾羽を拡大したら・・・・??? より平面的に写っている。ちょっとした角度で尾羽は
細くて針状や幅の広い、太い尾羽に見える・見えてしまうのです。

(C)Birdopia2012 by Happy Chappy 2012,09,23

上の尾羽の個体はハリオシギの成鳥で冬羽へ換羽中です。

拡大すると外側尾羽は重なっている。これでは不可のような感じがする。
段差にご注意くだい。中央尾羽と外側尾羽の先端部の位置です。

針尾鴫・ハリオシギ、Pintail Snipe Gallinago stenura ?

中地鴫・チュウジシギ、Swinhoe's Snipe Gallinago megala ?

尾羽を拡大すると。外側尾羽1,2,3,4,5,が平面的で針状は否定される。
幅の変化も重要な情報2-4mmのひとつです。

1,

(針)・尾羽部分だけを更に拡大する。

オリジナル画像です。筆者が初めて針尾と確認できた個体です。
勿論、フイールドでは分からなかった。Ai800mmf 5,6 & D2H
、画像サイズ4M

2007秋 沖縄県

(C)尾羽の段差、Birdopia Gallinavi 2012

次の瞬間に尾羽の角度が変化した。細く・針状から正しく、より平面的に見えている。

2,

(T-1)

9,

8,

撮影時のオリジナル画像です。外側尾羽を広げている。一見して細い・・・・・・・です。

1,

6,

5,

4,

3,

2,

そのⅢ(別個体)

チュウジシギの外側尾羽は見る・見える・角度で異なることは何度も書いています。
それは薄い平たい羽は平面的では最も幅広く正しく見えます。ところが、見る・見え
る角度の変化で薄く・細く・見えてしまうことが有るのです。実際の上の画像から理
解できると思います。上の二個体は連続撮影した画像が沢山あります。その中か
ら誤認する、し易い画像と正しく見えている画像の両方を載せています。もしも、正
しく見えて無い画像一枚だけでは、相当な経験のあるジシギウォッチヤーでも間違
えて当然です。証拠画像を撮るならその瞬間はできるだけ多くの画像をいろいろな
角度で写すように心掛けると良いのです。しかし、野外ではこちらの希望通りに行
動してくれるジシギはそんなに数多くは居ないのです。チャンスを待ちそのチャンス
を作るのはフイールド以外には無いのです。2102,09,23(SUN) by HappyChappy

簡易的呼称番号では外側から

1,2,3,4,5,6,7,外側尾羽・針状、(T-6,T-12,)

8,9,10,11,中間尾羽 T-2,〜T-6,

12,中央尾羽 T-1,

この個体は1,-12,で24枚です。
全体の枚数24-26枚でも針尾です。

最後は針尾鴫・ハリオシギでした。

尾羽だけを更に拡大すると。外側から三枚が極めて細く・針状と見えます。
それでは外側から四枚目、五枚目、六枚目、七枚目はどのように見えますか?
そうです、中央・中間尾羽は平たく見えるのが普通です。見えないですね。
ハリオシギは針一本・一枚でもハリオシギです。しかし、・・・です。正しか否かです。

⇐一部の針尾

12,

11,

(C)Birdopia2007/2012

10,

9,

8,

7,

3,

4,

5,

6,

尾羽の段差






外側尾羽の先端部-----------------

-----------------------------------------------------中央・中間尾羽の先端部

そのⅡ(別個体)

⇐ーーー中央尾羽T-1,は黒帯の
      突出が最大です。

以上の二個体はどちらもチュウジシギです。
フイールドでは圧倒的にチュウジシギの個体数が多いのも事実です。

追記
ジシギ識別・尾羽のイラストの見る図鑑
に尾羽の段差を解説しています。

観察中の画像がこの1枚だけならどう結論下すか???
針尾を否定する条件があります。細く見えるだけで短く無い。
ということです。段差に注目しましょう。

7,8,9,

4,5,6,

3

1

2

T-1,は中央尾羽 (Central Tailfeather) です。
T-2,〜T-4,中間尾羽 (Median Tailefeathers) です。
T-5,〜T-10,外側尾羽(6対) (Outer Tailfeathers) です。
T-10,最外側尾羽 (Outemost Tailfeather)です。
通常はこのような番号が付けられます。
外側尾羽を議論する際には外から1-2-3-4-5-6, 7,8,9,10,と見ると分かり易い
便利なこともあります。

(T-4)

(T-5)

(T-7)

(T-10)

(T-9)

2

1

(T-8)

3

4

(T-6)

(T-3)

(T-2)

10

9

8

7

6

5

連続的な画像から、次の瞬間は・・・・更に広がって見えた。

上の画像の拡大です。外側の三枚が極めて細く・針のように見えている。
通常はこれくらいの大きさの画像から識別することが多いです。

inserted by FC2 system