オオジシギのディスプレイフライトの上面

2014,05,29 by HapppyChappy

改めてオオジシギの尾羽を検証したみました。

チュウジシギ淡色系・沖縄県9月上旬

オオジシギのディスプレイフライトの正面

オオジシギの尾羽

オオジシギのディスプレイフライトの下面

通常尾羽は中央からT-1,2,3と付すがここでは分かり易くする為に外側から付している。

この固体は第一回目の夏羽の可能性がある。2014.07,07追記理由は
オオジシギの年齢を考察するをご覧ください。

(C)Birdopia
by HappyChappy2014,05,30

尾羽は20枚のチュウジシギです。この個体は尾羽の枚数からはチュウジシギを
確定するものですが、外側尾羽だけを見て一瞬、オオジシギ的に観てしまいます。

上と同一個体のチュウジシギ、冬羽に換羽中です。

尾羽16枚の個体。外側尾羽1-2は極めて淡色である。
続いて3-5は暗色である。最外側尾羽の幅、色彩に
注目です。チュウジシギの外側尾羽は通常暗色に
見える。と言われるのが一般的です。南西諸島を通過
する個体には淡色系の個体が居るので要注意です。

オオジシギでは外側から一枚目と二枚目では白黒の比が
白地に黒帯であり、三枚目からは逆に黒地に白帯のよう
に暗色・黒く見えるのが普通です。

チュウジシギでは外側から一二枚目が淡色傾向では
あるが三枚目四枚目、五枚目、六枚目は極めて暗色
に見える傾向にある。


淡色とは白地に黒帯の割合が少なく、反対に暗色とは
黒地に白帯が入ることを意味している。

inserted by FC2 system