まとめ

2暦2014 チュウジシギ ハリオシギ オオジシギ 特記事項
3月4日 - - - 観察開始
5 - - - コタシギ
6 1,2 - - -
7 3,4,5 - - -
8 6 - - -
9 7 - - -
10 - 8,8, - -
11 9,10 - - -
12 - - - -
13 11 - - -
14 - 12 - -
15 - 12 - -
16 - - - -
17 - - - -
18 - - - -
19 13,13, - - -
20 13 - - -
21 - - - -
22 14,15, - - -
23 16 - - -
24 - - - -
25 - - - -
26 - - - -
27 17 - - -
28 - - - -
29 - - - -
30 18 - - ヤマシギ二個体
31 19 - - -
4月1日 20,21,22,23, - - -
2 - - - -
3 20 - - -
4 21 - - -
5 - - - -
6 - - - -
7 21,22, - - -
8 - 23 - -
9 24,25, 26 - -
10 - 27 - -
11 29 28 - -
12 - - - -
13 30 31 - -
14 - - - タシギ6
15 - - - -
16 32 33,34,35, - -
17 36,39,40, 37,38,41 - -
18 - 42, - -
19 - 46,47, -
20 - 48,49, オオジシギ、暗色型
21 50 51 - -
22 - 52 - -
23 54,57, 53,55,56, - コチュウジシギ
24 - 58-64 オオジシギ、淡色型
25 65 66-69 - -
26 - - - -
27 70 71 - -
28 72 73 - 本日で観察終了
29 帰宅中 - - -
30 - - - -
赤数字
ヤンバルへ
- - - -

(C)Birdopia Gallinavi 2014 by HappyChappy

夏羽のハリオシギ、2014,04沖縄県

コタシギ、コチュウジシギとは体格が特に小さな個体を言う。

同一bヘ同一個体の複数出現と思われる数字を表す。

考  察

@チュウジシギは3月から4月末まで平均して観察される。しかし、3月上旬は越冬個体が
多く、徐々に渡りの個体と入れ替わると思われる。渡りの個体は明らかに夏羽と思われる
新鮮な羽毛に換羽しているか、その途中の段階で移動している。


Aハリオシギは3月上旬は越冬個体が極めて少ない、中下旬にはほぼ見られなくなる。
4月には中旬から渡りが観られて下旬にはピークを迎える。

Bオオジシギは4月20,24日に各1個体、暗色、淡色型を観察・撮影した。

Cタシギは3月上旬にはほぼ移動・北上を終了する。少数が残り、北上組の小群が観られる。
明らかに夏羽の明るい個体が多い。

Dヤマシギは三月下旬に夜間水田地帯で観察された。

E5月も渡りは続くが再度ピークがあるのかは不明である。今後の観察による。

2014年春・南西諸島のジシギの渡り

2014.03-04のほぼ二カ月間にわたり沖縄県中北部の水田地帯での
ジシギの渡りを観察した。識別した個体数を出現順に暦に
ナンバリングした。結果は以下の通り。
(C)Birdopia Gallinavi  2014 by HappyChappy
2014,11,01

inserted by FC2 system