18,上の画像を拡大・トリミング、暗色的印象。

17,外側尾羽、1-2-3-4-5-6がほぼ見えています。全数20枚。

10,上と同一個体、頭側線は黒褐色でバフ色の斑点は殆ど見られない秋の標準的な個体。

幼鳥・幼羽から第一回目冬羽に換羽中

チュウジシギでは普通は尾羽は20枚です。外側尾羽は6対でその先端の幅は2-4mm
である。特に外側尾羽は黒っぽく見えるのが普通です。外側尾羽の幅は変化が多く
極めて細く見えるものから上の個体のような比較的幅が広いものまでいろいろです。

極めて細い、特に最外側が細く見えると、ハリオシギと誤認されます。下に例があります。
針尾の針は先端が針状であることが多いのです。つまり、どんなに細くても羽軸だけ
のように見えるのもハリオシギ的なのです。

ハリオシギでは先端部が1-2mmです。そしてチュウジシギは2-4mmですから2mmでは
重なり合う的に判断されますが、外側尾羽の先端部は形状が異なるのです。

ただ細ければハリオシギということにはならないのが
俺の識別ポイントです。

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

成鳥

春の渡

26,下列肩羽の内弁・外弁はバフ色でほぼ等幅である。個体差が大きいので要注意です。
幼鳥は内外共に細く白い。ジシギの幼鳥に共通。

幼鳥・幼羽

23,水のある用水路にも入ることがある。餌場は斜面が多い。

幼鳥・幼羽

10

7

6

5

4

3

2

1

16,上の画像を拡大トリミング

4、嘴は基部が太めで先端ほど細くアイスピック状で頭部の約2倍以下で短く見える。

幼鳥・幼羽

34,尾羽の拡大、暗色のパターンに注目です。

27,上の個体の拡大・トリミング

3、次列風切後縁の白帯は極めて細く目立たない。タシギ以外のジシギに共通する。

チュウジシギ

14,外側尾羽、1-2-3-4-5-6は重なり細く黒が多く見えるチュウジシギ的パターン

取材地
沖縄県
2007,09-10
2008,09-10
2009
2010
2011

31,上の個体の拡大トリミング、肩羽をチェックです。

10

37,ちょっと角度が変わると、これはチュウジシギでした。細いだけでは危険ですよ。

36,外側尾羽が飛び出して見えます。細く見えますが・・・・・・さてさて何でしょう。

一見して乾いた所・地面の中は湿っている。にも居ることが多くハリオシギと同様な生息環境である。

9

8

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

幼鳥・幼羽

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

識別ポイント

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

2個体共にチュウジシギ

中央尾羽10,の黒帯
は一番突出する。

8

1

幼鳥・幼羽

11,図鑑的な黒褐色の標準的な個体でバフ色斑は少なく目立たない個体。

33,淡色型のチュウジシギの尾羽

ジッと短音に聴こえる
2011,11,追加

中地鴫 Gallinago megala Swinhoe's Snipe

29幼鳥・幼羽,

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

外側尾羽は初列風切りの下に隠れている?

9、眉班は目先で極めて広い、頭側線は褐色でバフ色の班が入るが個体差がある。

8,図鑑的な黒褐色の標準的な個体眼先線は極めて細く不連続な個体

6,上の画像を拡大・トリミング

5,近いので少し緊張しています。人も鳥も平常心であるのが正しい表情になります。

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

中央尾羽の黒帯10,
は一番突出する。

7,南西諸島では普通に観察される赤褐色系個体・淡色系で眼先は極めて細く不連続な個体

30,幼鳥・幼羽

28,同じ所で何日間も居るということがあります。余程餌が多いのでしょう。

幼鳥・幼羽

21,尾羽を側面的に見るとこのように一見細く見えます。ハリオシギと誤認する瞬間です。

幼鳥・幼羽

幼鳥・幼羽から冬羽に換羽中

19、尾羽の突出はハリオシギよりは大きい。

10

幼鳥・幼羽

15,チュウジシギの尾羽は外側も割と長めで伸びで簡単に見ることができるのが特徴。

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

幼鳥・幼羽がほぼ冬羽に換羽

幼鳥・幼羽

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

外側から、1-2-3-4-5が重なり細いですが重なりの為です。枚数的にはチュウジシギです。

幼鳥・幼羽

内弁・外弁は等幅ではないが色彩は同一。

目先線が連続してつながっている個体

1、翼下面は暗い・黒っぽく見える。
2、腋羽(わきばね)は黒帯と白帯の幅は1対1またはそれ以下で黒の幅が広く暗く・黒っぽく見える。
3、次列風切後縁の白帯は極めて細く目立たない。
4、嘴は基部が太めで先端ほど細くアイスピック状で頭部の約2倍以下で短く見える。
5、目先線・過眼線は細い。個体差が多い。
6、眉班は目先で極めて広い、頭側線は褐色でバフ色の班が入るが個体差がある。
7、尾羽は通常20-22枚(18-26)で外側尾羽は6対が黒っぽく細い。尾羽を開くと簡単に
  外側尾羽の形と色彩がよく見えます。チュウジシギの特徴でもある。
8、尾羽の突出はハリオシギよりは突出が大きい。
9、棲息環境、餌場は畦の上や側面で嘴を土中に差し込み太いミミズを捕ることが多い。水田など
  湿った所などでもタシギのような餌捕り行動が見られ水浴の前後は水中で休息することがある。
10地鳴き・鳴き声は飛び立ちに際しジェッとタシギのようなしゃがれ声に似るがタシギよりは短く聴
  こえるがハリオシギとの区別は難しい。ジシギの声を参照ください。2011,12,09,
11下列肩羽の内弁・外弁はバフ色でほぼ等幅である。個体差があるので要注意。幼鳥は内外共に
  細く白い。ジシギの幼鳥に共通。


  全体のバランス・シルエット・スタイル(姿勢)・ブロポーション(割合・均整)などは識別の重要な
  ポイントになります。

  チュウジシギの決定的な識別点は尾羽の枚数・形状であるということに注意して観察し決定的
  瞬間まで根気よく生態を観察することがスキルアップにつながります。
  識別ポイントだけではなくジシギの生活・生態を観察することでそれぞれのジシギが少し
  ずつ異なる環境・餌場に棲み分けているのが分かるようになります。
  
  

35,これが外側尾羽先端部の針尾の形状です。尾羽は平面的に見ましょう。

2012年正月、五年間の集大成でまとめました。
パワーアップのチュウジシギ図鑑です
識別の参考になれば幸いです。。

32,別個体の拡大トリミング、肩羽の羽縁をご注目です。

22,棲息環境、餌場は畦の上や側面で嘴を土中に差し込み太いミミズを捕ることが多い。水田など
  湿った所などでもタシギのような餌捕り行動が見られ水浴の前後は水中で休息することがある。

20,近くても寄って来るのはチュウジシギのことが多いのです。好奇心から?

中間尾羽9は換羽中
全数20枚

観察する角度・真横至近距離に注意すること。

38,典型的なチュウジシギです。冬羽に換羽が進んでいます。

by HappyChappy
All renewal 2012,0102

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

淡色のチュウジシギでも尾羽の暗色パターンは明瞭である。2011,12,23追加

上の二個体の画像をみても明らかですがジシギは色彩の変化が極めて大きいのです。
黒味の少ない淡色な赤から茶褐色系(上)そして赤味の少ない黒褐色(下)まで様々です。
識別ポイントは個体差が大きく全体を観察してその行動・生態に着目して総合的な判断
をするのがミスジャッジが少なくなります。そしてできれば観察と記録を撮るのが最善の方法
ではないでしょうか。チユウジシギは根気よく観察すれば尾羽を簡単に見せてくれます。
その瞬間をゲットすれば識別の迷いは無くなると信じています。ジシギの中では一番ポイント
を見せてくれる種類です。2008,11,27,2011,12,09、2012,01,01一部画像更新・加筆訂正。

幼鳥・完全な幼羽に近い個体

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

25,地鳴き・鳴き声は飛び立ちに際しジッとタシギのようなしゃがれ声に似るがタシギよりは短く軽い音。

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

24,餌場はこのように斜面で捕ることが多い。

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

幼鳥・幼羽から冬羽にほぼ換羽。

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

10

3

4

5

6

7

9

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

外側尾羽6枚が細く黒っぽい

2

3

4

5

6

7

8

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

1

2

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

淡色の個体では頭側線内のバフ色斑点が目立つのが普通です。

幼鳥・幼羽

13,、尾羽は通常20-22枚(18-26)で外側尾羽は6対が黒っぽく細い。尾羽を開くと簡単に
  外側尾羽の一部、全部の先端部の形状と色彩がよく見えます。。

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

12,南西諸島では普通に観察される赤褐色系個体で頭側線にバフ色の斑が目立つ

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

7、目先線・過眼線は細い。個体差が多い。

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

10

9

8

7

6

4

5

3

2

1

ジシギは夜明け前、日没後などによく声を出しながら
飛び交っているところを観察することがあります。

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

外側6枚が順次細くなっている

8

9

7

4

6

5

3

2

1

9

1、翼下面は暗い・黒っぽく見える。タシギ以外のジシギに共通する。

2、腋羽(わきばね)は黒帯と白帯の幅は1対1またはそれ以下で黒の幅が広く暗く・黒っぽく見える。
暗さ・黒さには個体差があります。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved.

尾羽が見えるのは伸び・羽繕い・尾羽の手入れ・驚いた時の尾羽広げなど様々な場面で観察
することができます。先ずは餌を捕っていれば一休みの瞬間、水浴後の羽繕いなどに注意して
観察してみましょう。ピントが少し甘くても拡大画像で形状・色彩・枚数が分かる事があります。

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system