(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

by HappyChappy

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

29,タシギ。夏羽でしょうか、いやいやそうではないのです。

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

2007,2008の観察での考察てす。これはその後訂正しましたので、改めて下に記述し直し
ました。元の考察は恥ずかしながら、そのままにしておきます


春のタシギは群れで渡って行く様子が観察されました。これだけ多くのタシギの個体数を
観察できるのはとても幸せなことです。秋にはハリオシギを重点的に観察・撮影をし
ました。秋のタシギは完全な幼羽か、幼羽から第一回冬羽への換羽中のもの。成鳥の夏
から冬羽への換羽中か或いは完全な冬羽が多く見られました。個体数は極めて少ないが
いわゆる黒褐色系でゴールデン・バフ色の羽縁のものがいくつか観察撮影しました。勿論
、ゴールデン・バフ色の羽縁の一部が残るいろいろ色彩の個体も観察・撮影されています。
今回の春の観察では冬羽、冬羽から夏羽・繁殖羽への換羽途中のもの、そしてもしかして
夏羽・繁殖羽に出会えるかも知れないという期待で観察を続けました。掲載画像を見ると
昨年から私見としてゴールデン・バフの羽縁の奇麗な個体は夏羽・繁殖羽と断定的にキャ
プションをつけました。夏羽・冬羽を色彩で判断するには個体色彩変異が多いから疑問で
ある。という見解もあるが、今回の取材で掲載したタシギはほとんどがゴールデン・バフと
全体の色は黒褐色系が多いことに気が付きます。私の私見・推論は益々自信がでてきま
した。最後の画像58,タシギは典型的な夏羽・繁殖羽ではないでしようか。
ジシギは難しい専門的だから素人は言及すべからずという考えではなく誰でもが疑問を
もち皆で考えてみましょう。答えは一つではありません。


訂正の解説
ゴールデンバフ色とは金属的黄金色のことを言います。ジシギ観察の初期、2005-2008年
頃にはそれらは夏羽と思っていました。勿論、ベテランからのアドバイスもあり、その後の
観察では個体による色彩の変化である。ということでした。その色はジシギの色彩が濃い
褐色の個体ほど発色が顕著である。ことも判明しました。タシギだけではなく他のチュウジ
、ハリオなどでも観察されています。2011,12,31大晦日


夏羽・繁殖羽や冬羽へ換羽直後、初期の肩羽の羽縁はおおむねそのような色彩になるこ
とがあり、中期、後期では退色、擦れなどにより所謂本来のバフ色、汚れた白色になる。
のが通常の換羽初期からの変化になる。2013,09,05全国的に温帯低気圧による豪雨・竜
巻災害が発生。

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

by HappyChappy

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

タシギ 田鴫 Common Snipe

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

タシギの夏羽と冬羽の考察

58,タシギ、典型的なゴールデンバフ色の羽縁です。

(C) COPYRIGHT BIRDOPIA α 2004-2008 All Tights Reserved

14,こちらは日光浴で全開でした。14枚です。タシギ。上と同じ個体です。ちょっとの加減で枚数が異なります。

54,図鑑的モデル。このポーズならチュウジシギと分かります。

24,タシギ

6,タシギ羽縁もバフ色からゴールドメタリックまで様々です。

55,タシギ

52,なんでしょうか。次の画像にヒントがあります。

51,ハリオシギ。濃い個体です。綺麗ですね。

48,プロミナー30倍で観察すると羽毛が良く分かります。この時期には珍しい羽縁が白いです。

42,ハリオシギと思います。JIZZ顔の特徴。

41,タシギ、誰か覗いてるよ。

40,あくびをするタシギ。春は鳥も人も眠くなる

39,タシギ、こんな場面はなんとなく微笑んでしまう。

38,適度な草が生えているところがジシギの好む休憩場所になります。

37,珍しいシーンです。水を飲むところです。タシギ。

36,タシギ羽繕い。

33,タシギ

32,タシギ

31,タシギ

30,タシギではありません。当時の飛び立ちの印象はチュウジシギでした。

28,タシギ

20,タシギ、いわゆるシャックリというやつです。

19,大きさがずいぶんと違いますね。でもタシギです。

18,タシギ、早朝は鳥も人も忙しい。

17,チュウジシギ。春は艶やかです。

16,タシギ。羽毛のお手入れ。

12,シギチたちはいつも上空を見ています。太陽で時間をみているのか
  はたまた方向を確かめているのでしょうか。タシギ。

11,カムフラージュの天才、タシギ。

10,警戒しなければ眼を閉じます。タシギ

8,タシギ、地味な鳥ほど美しく撮りたい。

4,タシギ、ちょっとくつろぐ。

3,タシギ、芋田は絶好の餌場と隠れ家。

2,タシギ、少しばかり警戒。

イトミミズ-----→

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

56,ハリオシギ。

46,タシギ、お花畑。

27,タシギ

26,タシギ

7,タシギ、花一輪だけでも鳥たちが一層引き立ちます。

取材地・沖縄県本島2008,03月10日-24日、4月24-5月6日春の渡りの季節

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT BIRDOPIA α 2004-2008 All Tights Reserved

49,タシギ、日光浴。

45,タシギ

43,タシギ図鑑的モデルです。

25,タシギ

15,羽毛の手入れで喉や嘴を爪で丁寧にこりこりしています。タシギ。

13,この羽づくろいなら尾羽は全開に近いです。12枚確認できます。

5,タシギ、芋葉の下ではいポーズ。

1,タシギ、花の畦道を散歩。

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

9,このくらいの水なら平気です。タシギ。

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

21,こんなに近くでも全然警戒しませんね。図鑑的な詳細図が撮れます。タシギ。

23,タシギ。

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

34,タシギ

35,タシギ

44,イトミミズを食べるタシギ。

47,双眼鏡ではこんな感じです。タシギ。

トリミングリサイズ

50,水中でも大丈夫です。タシギ。

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

53,尾羽の形状から

22,頭央線と側線とその班紋もよく分かります。タシギ。

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C) COPYRIGHT Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

inserted by FC2 system