1-5外側尾羽5対

T-4

T-3

ジシギの尾羽

ジシギの識別の決定的ポイントは尾羽です。識別に迷いを生じたり悩んだら
迷わず尾羽を思い出して尾羽の一部・全部を確認してみましょう。

通常、中央尾羽からT-1,T-2,を付けますが、便宜的に外から付けると分かり易いこともあります。
つまり、外側尾羽を議論するには便利です。

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

1-6外側尾羽6対

5

4

2

1

7

8

T-1

T-2

T-3

ハリオシギ 針尾鴫 Pintail Snipe Gallinago stenura

10

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

最外側尾羽

T-3

T-1

T-2

(T-1)

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

3

6

T-2

7

T-6

9

T-5

たかが尾羽されど尾羽です。

チュウジシギ 中地鴫 Swinhoe's Snipe Gallinago megala

タシギ 田鴫 Common Snipe Gallinago gallinago

18枚はほぼ♂
16枚は♂♀
14枚ではほぼ♀

T-7

14-(16)-(18)-19枚、山階鳥研、外側尾羽は5+1対、外側から1-2-3対は淡色部が多く、外側
は順次細くなる。夏の繁殖地のディスプレイフライトでは終日観察されます。繁殖期以外は他
のジシギと同様に伸び・水浴後の羽繕いがチャンス。

1

2

8

T-1

14枚、最外側は淡色・白地に黒帯で全ての尾羽はほぼ同一幅(7-12mm)である。ジシギの中
でも最も尾羽を見るチャンスが多い。水浴後の伸びや羽繕い、日光浴でよく見られる。T-1
中央尾羽は黒帯が目立つ。他のジシギも同様である。

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

T-2

by Happy Chappy
2012,01,02改訂

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2011 All Rights Reserved

(C)Copyright Birdopia Gallinavi 2004-2012 All Rights Reserved

T-4

T-8

1-7外側尾羽7対

T6-T12

⇐ ひょっとして中央尾羽
の脱落?では有りません。

20枚、外側5-6対は淡色で短い。外側に順次細くなる。アオシギでは
尾羽の確認は必要無いですね。

3

4

5

6

7

T-9,10

T-8

T-7

T-6

T-5

T-6

T-7

T-7,8,の色彩、白地に黒帯と幅に注目。

T-5

T-4

10

11

12

ジシギの識別にはいろいろな方法があります。地道に観察種と個体数を積み重ねる。
勿論、ネット時代ですから画像からの情報・種類・時期・場所・環境他、が得られます。
実際のフイールドで観察してそのJIZZに迷ったら最終手段は
正確な尾羽の観察です。
一見・
JIZZ・ちょっと見で分かるようになるには有る程度のフイールド経験が必要です。
先ずは、初めは個体数の多いタシギから始めてみましょう。季節と個体・年齢によりいろ
いろな羽衣が観察されます。日本で観察されるジシギはたったの五種類ですが、
アオシギを除いたジシギたちはかなり酷似しているのです。それらを一瞬で識別する
のは簡単でもあり、相当な訓練を積み重ねても難しい場合があるのです。
知れば知るほど奥が深いジシギの観察を楽しんでみませんか。2012,08,25追記
by HappyChappy

T-5

T-4

T-3

アオシギ 蒼鴫 Solitary Snipe Gallinago solitaria

通常(20)-22枚、外側尾羽は6対、外側へ順次細く(4-2mm)なる。伸びをする時にかなりの確率
で見られます。広げてくれる角度がポイントです。できるだけ平面的に観察しないと細く見えて
誤認することが多々あります。外側尾羽は黒色斑が多いのが普通。

8

9

T-1

7

6

5

4

2

3

1

3

4

5

6

2

1

通常26枚、この個体は24枚。外側尾羽は7対で羽軸だけのように針状(1-2mm)で短い。
全開しても中央尾羽だけで外側尾羽は幸運・良条件で見られる。
特に尾羽の羽繕い時は一部の外側尾羽、針を見るチャンスです。

オオジシギ 大地鴫 Letham's Snipe Gallinago hardwickii

inserted by FC2 system