南西諸島春のジシギの渡りそのU

2009,02,26-04,28

by HappyChappy

沖縄本島
石垣島
与那国島

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

旅の初めに

これが眼に入らぬかとばかりに尾羽を見せてくれました。やはりそうだったのか。顔の感じからは
チユウジシギそのものですからね。やれやれスツキリしました。

昨年に引き続き春の南西諸島に出かけて行きました。昨年は奄美大島・沖縄本島・宮古島へ
そして今年は沖縄本島・石垣島・西表島・与那国島へと移動しながらのジシギの渡りの状況
を調査とは言っても肌で感じる直感的なものです。何も居ないところに突然ジシギが来てそして
次の日は居なくなるそんな感じ方が俺の渡りの調査なんです。そんな旅をしながら撮影した
ジシギを公開します。さてさてどんなジシギたちに出会えたのでしょうか・・・・・・・・・・・・・・・・。

うん何だかタシギでは無いように感じました。秋からのブランクでなかなかジシギセンサーが
作動していません。暫くの間はセンサーが空回りしていました。下の画像に続きます。

タシギたちは田芋畑で集団で餌を探しては休耕田でこのように群れで休憩しています。こんな中に
ジシギが居るのです。確認と識別を忘れずに。ジシギ探しのイロハでした。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

タシギ

タシギ

タシギ

タシギ

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

本島の3月は少数の越冬ジシギがいます。春の草花の咲く畦は明るく華やかになります。
地味なジシギも少しは艶やかに見えませんか。タシギでした。

チユウジシギ・下と同一個体

チュウジシギ・上と同一個体

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

ハリオシギ・下と同一個体

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

収穫の終えた田芋畑にミフウズラのペアが歩いていました。それをフアインダーに入れて追っていると
突然ジシギが入りました。まるでイリユージョンを見ているような感じでした。この場面はジシギが消え
る直前に警戒してこちらの様子を伺っているところです。田芋の蔓と葉の下を足を低く姿勢を地面にす
りつけるように這いつくばって歩いていました。近距離でも眼を離すと分からなくなるほどカムフラージュ
しています。本来ジシギはこういう警戒心の固まりなのです。春は特にタシギ以外のジシギは本当に
警戒心が強いのです。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

暫くの間は双方で相手の確認をしているところです。時々頭央線を見せてくれました。頭側線の斑
点が明るく明確に認められます。顔の形や淡色なことから昨年観察しているハリオシギだと識別す
るにはかなりの時間がかかりました。背面などははっきりとは見えませんがその他の画像などから
ハリオシギと確信していますが確率は80か90%というところですね。

ハリオシギ

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

沖縄本島で越冬個体のハリオシギと思います。

ハリオシギ・下と同一個体

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

100%いや99パーセント・ハリオシギてです。このタイプの個体は昨年秋にいくつも観察されています。
このタイプの個体には迷いはありません。

ハリオシギ・上と同一個体

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

タシギの群れ

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

タシギの群れ

ハリオシギ・下の個体と同一

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

ハリオシギの尾羽は広げてもなかなか見えないのも特徴・私見・のひとつです。

チュウジシギ

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

タシギ

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

休んでいるけれどお眼眼はじっとこちらを見ていました。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

長いレンズでこのようにツーショットに入るのは珍しいです。タシギの色合いの違いが分かります。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

嘴に浮き草のピアスをしたようです。可愛いから載せました。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

田芋の葉の額縁に収まりました。

ジシギ

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

これだけでは流石にギフアップなんです。前後の行動・撮影した画像などから推定するのですが
これは本当に分かりません。今回の旅でもジシギをカメラの画像・モニターで見せて頂きましたが
タシギ以外は識別できません・しませんでした。画像一枚からの情報で分かることは以外に少な
いのです。それでもチュウジかハリオですけれどもね。

ジシギ

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

多分ハリオシギでしょうがやはりこれが最初で最後の一枚です。このように識別不能の画像が
沢山有るのですがただのゴミ・有害粗大ゴミというところですかね。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

このように怪我をしている鳥たちを見かけます。このタシギは足にハンディキャップがありました。無事
に繁殖地にたどり着くことをただただ願っています。沖縄本島。

タシギ

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

何かの理由により目を負傷しています。それでも精一杯生きる姿に感動すると共に応援しないと
いけないなとも思いました。ハンディキャップを負うことで生きることへの野生の力強さを学んだ
今回の旅でもありました。与那国島。無事北へと旅立つのを見送りました。ガンバレ・・・・・。

タシギ

さてあなたもこんな風景を求めてふらりと鳥見旅に出かけてみませんか。

与那国島では畑でチユウジシギを観察していますが画像は小さすぎて参考になりません。
オオジシギも飛翔と声だけの観察でした。石垣島・西表島ではジシギ観察はできません。
広くてポイントが分かりません。

旅の終わりに

ジシギたちは3月下旬から沖縄県与那国島に渡ってきました。そして四月にはタシギたちの群れが
何度も確認できました。牧草地では明らかにオオジシギと思われる固体の飛翔と声を二度三度と
観察しましたし多くのバーダーたちからの情報で渡りの時期がほぼ分かりました。タシギ・オオジシギ
以外の識別は草地では難しく観察するだけも困難を極めました。それでも多くのバーダーからの
情報は大変に貴重なものになりました。これからも年間を通じてジシギたちの生活を追い続けて行き
ます。そして各ジシギたちの一年間を画像でつなげたらどんなに素晴らしいことでしょうか。と思ってい
るのは俺ぐらいですね。もう既にオオジシギが繁殖期に到着しているのにインドアでこんなことしてい
る場合では無いのですが。データーをほつたらかしては誰も手伝ってはくれませんから一人でせっせと
編集しては公開しているのです。これからのジシギ人生行き先が見えてきました。地味に世間から身を
隠し一人静かに旅に出てジシギに出会う旅にますます惹かれてしまいます。2009,05,11

ハリオシギ・上と同一個体

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

タシギの白化個体

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2009 All Rights Reserved

昨年秋からの本島での越冬個体です。九月下旬から3月上旬まで居たようです。これで越冬期間
の目安になります。今度3月の一月間を本島で観察したいものです。

ハリオシギ

翼の先端が丸みを感じますね。

タシギ

by HappyChappy

inserted by FC2 system