1、翼下面が白っぽい。明るく・淡色に見える。
2、腋羽(わきばね)の黒帯は白帯より幅が狭いので明るく白っぽく見える。
3、次列風切後縁は幅広く白い。明らかに白く明確。
4、嘴は基部から先端まで一様な(割り箸のように)勾配が少なく長い・頭部の約2倍程度。
5、目先線は眉線・眉班よりも太い。のが普通である。過眼線は二本に見えたり、いろいろある。
6、眉斑は太くはない。頭側線は黒褐色でバフ斑点があり、個体変異が多い。
7、尾羽は通常14枚(12-18枚)で外側尾羽もほぼ等幅で最外側尾羽は白く・淡色で黒帯が細く入る。
8、尾羽の突出は大きい。
9、初列風切P-10の最外側は白い。
10、餌場は水中或いは柔らかい泥地を好みミシン針のように嘴を素早く上下に動かして餌を採る。
11、鳴き声地鳴きは飛び立つ時又飛びながらジェー・ジェーッと比較的長めに声を発する。
   飛翔はジグザグに飛び翼動は速く落下するように着地することがある。
12,下列肩羽の外弁は内弁より太くバフ色で内弁は細く赤褐色(成鳥)。幼鳥は外弁内弁は
  等幅で細くて白い。季節・渡りの時期によりいろいろな個体がいる。
  
識別ポイントだけではなくジシギの生活・生態を観察することでそれぞれのジシギが少し
  ずつ異なる環境・餌場に棲み分けているのが分かるようになります。
  識別ポイントの一つだけにこだわることなく総合的に判断することを薦めます。

畦の上で餌を探しているタシギが居ました。幸運にも太いミミズが飛び出しました。
くわえたのですが食べなれないせいでしようか何度も何度も落としてはくわえ直し
やっと飲み込むことができました。やはり水中で細くて小さなイトミミズを食べるのが
一番得意技の様子でした。こんな微笑ましい光景を観察しているとソーキそばを箸
で食べている毎日なのにイタリアンレストランでパスタをナイフとフォークで食べてい
るような食べなれない光景を思い浮かべています。2008,11,22。2011,05,30加筆
2912,09,19加筆訂正

幼鳥・幼羽が一部残り、冬羽に換羽中

識別ポイント

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

4、嘴は基部から先端まで一様な(割り箸のように)勾配が少なく長い・頭部の約2倍程度。

幼鳥・幼羽から冬羽へ換羽中

6、眉斑は太くはない。頭側線は黒褐色でバフ斑点があり、個体変異が多い。

14枚が確認できます。

9、初列風切P-10の最外側は白い。

←---

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

←---

←---

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

幼鳥・幼羽

←-腋羽

2007,09-10
2008,09-10

-----→

ジグザグに飛びながらジェーッ・ジェーッと繰り返し鳴くことがある。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

過眼線-----→

突出大

←--

←---

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

2008,03春の渡り

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

成鳥

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

眉斑---→

10、餌場は水中或いは柔らかい泥地を好みミシン針のように嘴を素早く上下に動かして餌を採る。

秋の渡の時期には日没前や夜明け前にジシギが鳴きかわしながら飛び交っているところ
を何度も経験しています。またタシギのディスプレイと思われる場面も観察しています。翼
を上に広げながら相手に対してジェーッ・ジェーッと何度も繰り返し相手が逃げても追って
行き何度も繰り返していました。彼らは意外にも良く声を発しているのです。それを聴く事
が少ないだけではないでしょうか。

-----→

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

深い水も平気です。頭が隠れるほど嘴を差し込んでいます。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

8、尾羽の突出は大きい。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

5、目先線・過眼線は太い。

←-----過眼線

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

頭側線------→

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

7、尾羽は通常14枚(12-18枚)で外側尾羽もほぼ等幅で最外側は白く黒帯が細く入る。

拡大・右下の最外側は白に黒帯が見られます。14枚です。

←---最外側

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

幼羽から1Wに換羽中

←----→

突出大

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

11、鳴き声・地鳴きは飛び立つ時又飛びながらジェー・ジェーッと比較的長めに声を発する。

拡大・外弁も細く白い

このように安心のポーズは外敵が来なければかなりの時間観察することができます。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

3、次列風切後縁は幅広く白い。

←------腋羽(わきばね)

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

2、腋羽(わきばね)の黒帯は白帯より幅が狭いので明るく白っぽく見える。

by HappyChappy

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved.

取材地
沖縄県

目先線----→

←---

12,下列肩羽の外弁は内弁より太くバフ色で内弁は細く赤褐色(成鳥)。幼鳥は外弁内弁は
  等幅で細くて白い

拡大・内弁は細く赤褐色、外弁は太くバフ色

飛翔時に白帯が目立ちます。

1、翼下面が白っぽい。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2011 All Rights Reserved

成鳥

肩羽は何度も見誤ったことがあるのでしっかりと望遠鏡で確認することが必要です。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

タシギ

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

目先線

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

飛び立つ時にジェーッと長めに一声

日光浴をするタシギ。尾羽を太陽に向けてお手入れです。

田鴫 Gallinago gallinago  Common Snipe

最外側-----→

拡大・P-10外側が白い。

(C)Copyright BIRDOPIA 2004-2008 All Rights Reserved

inserted by FC2 system